LEDシーリングライトの取り付け方法

2017年7月30日




古い蛍光灯のカバーが壊れました

img_0382
これは新しいLEDシーリングライト


我が家の寝室の蛍光灯をLEDシーリングライトに交換しました。

 
25年ほど前(建築当時)から、9畳の寝室に40W+32Wの丸型蛍光灯が付いていましたが、豆球(常夜灯)が切れたので交換しようとしてカバー(乳白色のプラスチック)を外そうと引っ張ったらカバーが割れてしまいました。
カバーを本体に固定するバネ金具の付け根の部分が割れました。
修理は不可能です。

長年使っていたのでプラスチックが劣化して、ちょっと力を加えただけで割れてしまったようです。

LEDシーリングライトは安価で、しかも省エネです

仕方がないので、またスマホのアプリAmazonでいくら位のものか調べました。
部屋の大きさから、一流メーカー製の8帖用LEDシーリングライトを探したら、調光・調色機能のあるものが8,000円弱でありました。
家電量販店で買ったらこんなに安くはないでしょう。

調光・・・明るさを100%から5%まで調節できるもの
調光・・・色合いを、電球色から昼光色まで変えることが出来るもの

気になる消費電力ですが、100%で付けても36Wと以前の半分程度です。
注文したら2日後に届きました。

取り換えはいたって簡単でした

古い蛍光灯の取り外しやLEDシーリングライトの取り付けも簡単でした。

img_0364
古い蛍光灯、中心部分が引掛けシーリング

古い蛍光灯を固定していたネジ3本を外したら、元々天井に引掛けシーリングがついていたので

img_0384
元々天井に付いていた引掛けシーリング


その部分だけ残して古い蛍光灯を外し、新しいシーリングライトに付いていたアダプターをはめました。

img_0386
シーリングライト付属のアダプターを取り付け

このアダプターに本体を押し込む。

img_0383
アダプターに本体を押し込むだけ


あとはカバーをはめ込むだけ(位置をあわせて回して固定する)。

交換に要した時間は30分くらいでした。

十分に明るいので70%くらいに調節して使っています。(=25Wくらい?)

LED照明は省エネですよ!=地球温暖化防止に貢献しています。
下記の記事もご参考に!

LED照明はとっても省エネですよ、の記事はこちら

LEDベースライトを取付けました、の記事はこちら