欲しい時にすぐデータ量を増やす、先取りプログラムの手順【ワイモバイル】

2023年12月7日

こんにちは、携帯電話の格安料金などに興味を持っている たか爺 です。

今日は、ワイモバイルを利用していて急にたくさんのギガ数(データ量)が必要になった場合の手続き方法や料金などの話を綴りました。

私は今までに色んな携帯電話会社の料金を比較してきて、自分の使い方に合った一番安い料金プランは「ワイモバイル」のシンプルプランSだと、現時点では確信しています。

私の場合、月のデータ量は3GBに、電話はかけ放題オプションを付けて月1,600円です。(税抜き、端末代は別)
ソフトバンク光を契約しているので基本料金が月900円と、通話料金は「スーパーだれとでも定額」の月1,800円が60歳以上なので1,100円割引されて月700円となっており、合計で月1,600円です。
(余談ですが、他社からの乗換えで2万円分の商品券をくれるキャンペーンもやっていました)

私の場合、月3GBのプランSに契約しているのですが、データ増量オプション550円/月が無料となっていて月5GBまで使えることになっています。
普段は家にいることが多く、WI-FIに接続しているので月のデータ使用量は1~2GBほどしか使わないので、普段なら月3GBでも十分なのです。

※当サイトは、広告主によるアフィリエイトプログラムに参加していますが、記事内容には公平さを心がけています。

急にデータ量がたくさん必要になった場合

ところが11月の下旬に、急に一週間ほど入院することになりました。
病院では退屈だし、気を紛らす為にも好きなYouTube動画やTVerでドラマや映画などを見ようと考えたのですが、その病院ではWI-FIが使えないのです。
動画再生では画質を落としても1時間の視聴でデータ量が0.5GBくらいは食われるので1週間なら20~30GBくらいは必要かと。
ただし、1週間もすれば退院する予定なので、たくさんのデータ量が欲しいのは今月分だけなのです。

月5GBまで使える契約になっている上に、前月分の繰り越しが5GBまで出来るので最大で10GBまで使えることになっていました。
ただ、入院することが決まった時点では残容量が8GBほどしかなく、やはりプラン変更などして増やすことが必要という結論に達した。

まずはプラン変更を

データ量をたくさん欲しいからといって、データ量の大きいプランに変更しても、変更が適用されるのは翌月の1日からとなっていますが手順としてまずはシンプルSからシンプルLへプラン変更をします。My Y!mobile(スマホ)で完結出来ました。
次の画面はプラン変更の申し込みが完了した画面です。
この手続きだけだと使えるデータ量が多くなるのは翌月分(適用日は12月1日)からなのです。

次に、当月からたくさんのデータ量が使えるように手続きする必要があります。

すぐにギガ数を増やす為に「先取りプログラム」を申し込む

ワイモバイルでは、直ぐにデータ量を増やせる方法として「プラン変更先取りプログラム」というのがあり、これに申し込むことで当月から変更後のプランと同じデータ量が使えるようになるとのことでした。
これもMy Y!mobile(スマホ)で完結出来ました。
以下は「プラン変更先取りプログラム」に申し込みが完了した画面です。(適用日 11月1日


このように、❶プランS→Lに変更し、❷プラン変更先取りプログラムに申し込むと、22GBのデータ量が増えました。

プラン変更先取りプログラムを申し込むに当たってはプログラム料金が発生し、S→Lの場合は1,980円で、この金額はプランSとプランLの料金の差額と同じでした。

先にも述べましたように、たくさんのデータ量が必要なのは今月(11月)だけであり、無駄な出費は避けたいので11月末に再度「プランS」に変更して12月は元の最低料金に戻したいと考えていました。
ところが・・・

「先取りプログラム」に申し込んだ場合、同月内のプラン変更はできない

当月のデータ量はこれで何とか凌げるかと安心したのですが、先に行ったプラン変更の「適用日が12月1日」と記載してあったのが気になったので確認したくワイモバイルのカスタマーセンターに電話しました。My Y!mobile(スマホ)では手続きができません。

カスタマーセンターの電話番号はワイモバイルの携帯から151で、基本的には有料ですがかけ放題に入っているので別途料金は発生しないそうです。

オペレーターさん曰く、「プラン変更先取りプログラム」に申し込んでいるので月内(11月中)のプラン変更は出来ず、どうしてもプランSに戻したいのであれば、先に行った「プラン変更」と「プラン変更先取りプログラム」をキャンセルするしかないと言われました。

12月に入ってからのプランSへの変更では、12月分もプランLの料金が発生してしまい、11月の「プラン変更先取プログラム」の料金と合わせて1,980円×2の3,960円の料金がかかることになる。

結局、この時点でまだ8GB余りのデータ量が残っていたので、今回はこの8GBで何とか我慢することにして、出来る限り余分な出費は避けたいので、「プラン変更」と「プラン変更先取りプログラム」をキャンセルしました。
これはカスタマーセンターでしか手続きできないようです。

最後に

ワイモバイルでは直ぐにデータ量が欲しい場合は「プラン変更先取りプログラム」を申し込む必要があり、このプログラムは最低でも2ヶ月分以上の料金がかかることが分かりました。

データ量の欲しい月が予めわかっている場合は、その前月にプラン変更しておけば欲しい月だけのデータ量を増やすことが可能です。そしてその翌月以降は元のプランで良い場合はデータ量の多い月の月末までにプラン変更して元のプランに戻せばよい訳です。

実は1年前にも入院してたくさんのデータ量が欲しかったことがあり、当時はワイモバイルに「プラン変更先取りプログラム」というものが無かったので、この時は2回線目として楽天モバイルを契約してiPhoneにデュアルSIMで利用しました。
楽天モバイルの料金体系は、データ量3GBまでなら月980円、20GBまでなら1,980円、20GB以上無制限でも2,980円となっています。今ならデータ専用回線に限り、6ヶ月間までは1,081円相当のポイントが還元されるキャンペーンが実施されており、今回一度は検討しました。結局、手続きやスマホの設定が面倒と感じたので却下しましたが、一番安く利用できる選択肢だったかもしれません。

以上長々と、急にスマホのデータ量がたくさん必要になった場合の手続きや料金についての話でした。

ワイモバイルを契約している方で、急にたくさんのデータ量が必要になった場合の参考にしていただければ幸いです。

余談ですが、ワイモバイルは料金が格安でソフトバンク回線なので通信も比較的安定しており、安いお得なスマホも販売しているのでお勧めです。
また、ワイモバイルを契約するならソフトバンク光、又はソフトバンクAirに加入すると毎月の利用料が安くなりますよ。ご参考までに。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Visited 81 times, 2 visit(s) today