iPhoneの通話音が聞こえにくい原因は手帳型ケース?

2020年2月23日

iPhone7を使っているたか爺です。

今日はアイフォンの通話音がこもって聞こえ難い現象について、その原因を調査して解消したので参考までにここに綴ります。

実は私の家内もアイフォン7を使用しており、アイフォンを使って電話した時に、何人もの通話相手から「声がはっきり聞こえない」とか「音がこもってて聞こえ難い」と言われたことがあり、その原因を調べました。

最初は電波の状態や相手の電話機に問題があるのではないかと思っていましたが、何度も同じような現象が起きているようなのでアップルサポートのページを見て、アイフォンのマイク等いろいろ確認してみました。

 

家内は写真のような手帳型ケースを使っています。



このケースの場合、下の写真のように、電話で話をする時はケースの表(フタ)を折り返して使っていました。


どうも音声が聞こえにくくなった原因はこれでした。

原因は手帳型ケースでした

アップルサポートによると、アイフォン7には3つのマイクがあります。
本体の底面についているメインマイク(左右にある6つの穴の一番内側の穴)

前面のマイク(フロントカメラで動画を撮影するときのマイク)

背面のマイク(バックカメラで撮影する場合のマイク)
このマイクにはノイズキャンセリング機能があるそうです。

手帳型ケースの場合、表(フタ)を折り返すと下の写真のように本体裏の背面マイクを覆うことになります。
ピタッと塞ぐわけではないが、これが原因だったようです。
背面マイク付近を覆うことで背面マイクに自分の声が届きにくく、ノイズキャンセリング機能が働かずに音がこもった感じになったのではないかと考えられます。

その対策は

少し使いづらいようですが、下の写真のように手帳を開いた状態で通話すると問題なくはっきりと聞こえることが、数人の通話相手から確認がとれました。 


私はというと、下の写真のような前面をカバーしないタイプのケースを使っています。(百円均一の店で買ったものです)
当然ですが液晶にはガラスフィルムを貼っています。(補償プログラムに入っていないので)


裏側はこんな感じで、通話するときも裏に付いている背面マイクを覆うことはありませんので、今までに音声が聞き取り難いといったトラブルはありませんでした。

手帳型ケースを使っている人は電話をする時には注意しましょう。
もし前面カバーを裏側に折りたたんで通話している人がいたら、相手の人にこちらの声がはっきり聞こえているか確認した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneのメーカーであるアップルサポートのページに以下の記載がありましたので参考までに。

(以下はアップルサポートより抜粋して転載したものです。文字を青くした部分)
iPhone、iPad、iPod touch のマイクが機能しない場合
音声通話や FaceTime 通話の際に声が聞き取りづらい場合や、Siri で音声が認識されない場合の対処法をご案内します。

iOS デバイスでは、通話中、FaceTime や Siri の使用時、または録音したオーディオの再生時に、次のような問題が生じることがあります。
•電話中または FaceTime 通話中に、こちらの声が相手に聞こえない
•電話中または FaceTime 通話中に、相手がこちらの声を聞き取りにくい
•Siri が、話しかけても音声を認識できない
•録音したオーディオの再生中に音がよく聞こえない、またはまったく聞こえない
•通話中にオーディオソースを変更できない

デバイスのマイクをテストする
問題があるのはデバイスのマイクであり、モバイルデータ通信接続やお使いの App には問題がないことを確かめるために、各マイクをテストしてください。マイクの位置はデバイスによって異なります。お使いの製品の技術仕様を参照し、マイクの位置をご確認ください。

マイクをテストする際は、iOS デバイスに有線またはワイヤレスのヘッドセットが接続されていないことを確かめてください。

iPhone
iPhone は複数のマイクを搭載しています。

iPhone の底部に内蔵されているメインのマイクをテストするには、ボイスメモを開いて録音ボタンをタップします。マイクに向かって話しかけ、再生アイコンをタップして録音内容を再生します。自分の声がはっきり聞こえるか確認してください。

前面のマイクをテストするには、カメラ App を開いて、フロントカメラで動画を撮影します。背面のマイクをテストするには、カメラ App を開いて、バックカメラで動画を撮影します。動画を再生すれば、音声が鮮明に聞こえるはずです。

通話中に声が聞き取りにくい場合は、背面のマイクが遮られたり覆われたりしていないか確認してください。

Siri が音声を認識しない場合は、iPhone の上部にあるレシーバーやフロントマイクが覆われたり汚れたりしていないか確認してください。

その他の情報

デバイスのマイクをテストしても問題が解決しない場合は、以下の手順をお試しください。
1.ヘッドセットジャックにアクセサリが接続されている場合は取り外し、Bluetooth ヘッドセットも接続を解除します。
2.デバイスを持ったり動画を撮影したりする際に、マイクと iSight マイクを指やケースで遮らないようにします。
3.画面の保護シート、フィルム、ケースがマイク、iSight マイク、または iPhone のレシーバーにかかっている場合は、取り外します。
4.マイクや iPhone のレシーバーに埃などがあれば掃除します。マイクの位置については、お使いのデバイスのユーザガイドを参照してください。
5.デバイスを再起動します。
6.最新バージョンの iOS がインストールされていることを確認します。

上記の手順を試しても、電話や FaceTime 通話の相手にこちらの声が聞こえない場合、Siri に話しかけても認識されない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

国または地域によっては FaceTime を利用できない場合があります。

公開日: ‎2018‎年‎7月‎24‎日(アップルサポートより)