スポンサーリンク




通販と宅配利用について考えること

更新日:

先日ユーチューブに、ある宅配業者の社員が配達途中の荷物を投げつけている動画が投稿され、ニュースでも取り上げられ話題になりました。

通販の需要

皆さんは通販を利用したことがありますか?
私は主にAmazonでよく買い物をします。
あるニュースの記事によると、通販の中でもAmazonの売り上げがダントツで、yahooや楽天、ヨドバシカメラなどはその1/10くらいだそうです。
その記事の中に、事件を起こした業者とは別の宅配業者のセールスドライバーに聞いた話が書いてあり、「毎日配達する荷物の2~3割がAmazonのもの」だそうです。
Amazonについては、商品の価格が他社よりも少し安いように思うし、現在では2,000円以上だと送料が無料となっているので皆さんも利用されているのではないでしょうか。

宅配業者の大変な状況

テレビやネットのニュースによると、ネット通販は安くて便利なので、最近ではかなり需要が伸びており、またクリスマス前などで荷物が特に多い時期には、その荷物を運ぶ宅配業者のキャパを超えているのではないかということを言っていました。

前出の宅配業者のドライバーの話では、一度配達しても約2割は不在で、その分は夜に再配達をしなければならないとかで仕事量がハンパでないそうです。

また、運送業界では運賃を抑えないと利用してもらえないので給料が安く、その為に仕事の多い時に契約ドライバーを増やそうとしてもほとんど集まらないということだそうです。

運送業界全体の問題かもしれませんが、配達料金をあまり安く受けないことと、消費者が送料を負担することで、宅配業者が人を増やして対応することも可能だろうし、うまく回っていくのではないだろうか?

確か1年くらい前までは、amazonは全て送料無料だったかと思うが、今は2,000円未満なら送料がかかるというふうに変わっているように思います。

ある宅配業者のドライバーに現況を改善するために消費者にお願いしたいことを聞いたところ、「出来れば配達時間を指定してもらい、その時間に必ず在宅して頂ければありがたいです」とのことでした。
要するに再配達が不要=一度の配達で済めば2割の仕事量が解消できるのだそうです。

2018年8月31日加筆
 半年くらい前だったと思いますが、宅配専用のBOXを家の前に設置するなどの対策を一部の地域で始めたような話を聞きました。宅配業者もいろいろ考えますよね。

最後に、利用者として

昨今、過重労働はそれが原因で病気になったり自殺をしたりと大変な社会問題になっており、労働基準監督署が厳しく取り締まりをしているようです。

運送業界のこの状況については我々利用者も一緒に考え、出来るところは協力して、安くて便利な通販の利用が継続して出来るようにしなければならないのではないでしょうか。

スポンサーリンク




-その他諸々の話
-, , ,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.