駅ジャズを見てきました

2018年8月18日

2018年8月12日。
今日は近くの駅でJazzのコンサートがあり、Jazzを聴きに行ってきたのでこれについて綴ります。

生ジャズ初体験

今日は石川県美川駅のCaféで開催されていた「駅ジャズ」を見に行ってきました。
この歳(もうすぐ65歳)になって初めての生Jazzの体験です。

私は「ジャズ」にあまり関心は無かったのですが、「ザ・ピーナッツ」の名曲をカバーされているということと、ボーカルのひとりに家内が大変お世話になっているというので見せていただくことにしました。

ザ・カシューナッツとは

グループ名は「ザ・カシューナッツ」といい、ピーナッツの親戚みたいな名前(?)で、今日のメンバーはピアノ、ギター、ベース、ドラム及びボーカル女性2人の合計6人による生演奏と歌でした。
メンバーのことについては、上のチラシ(写真)に書いてあること以外は正直言って知りませんでした。

生演奏をあまり聞いたことが無かったのですが、お腹に響き私は結構感動しました。


Caféの隣には液晶テレビが設置されており、同時に高校野球の試合が放送されていて、ちょうど地元石川県の代表校「星稜」が対戦しているところでした。
その時は大差で星稜がリードしていて、お客さん(メンバーの知り合い?)の一人が大声で時々スコアを皆に報告しては沸いていました。

懐かしいザ・ピーナッツの曲

ザ・ピーナッツの名曲が演奏されると聞いていたのでほとんど知っている曲ばかりだと思っていたんですが、恋のバカンス、情熱の花、恋のフーガ、モスラなどはっきりと記憶に焼き付いている曲もあったけど初めて聴いたような曲もいくつかあり、私もボケ始めているのかもしれません。

若い人は「ザ・ピーナッツ」を知らないという人も多いかもしれませんが、1960~1970年代に大ヒットした双子の美人歌手で、映画「モスラ」に双子の小美人としても出演し、その映画を私は小学校の講堂で見てカワイイと思ったのを今でも覚えています。

今日の駅Jazzは、生演奏をバックにボーカル2人が歌いながらトークあり、お客様に話しかけながら上手に進行されていました。
私は少し遅れて行って一番後ろから見ていたのでお客さんの顔はあまり見えませんでしたが、お客さんは中高年の方が多いように感じました。
店のエアコンが壊れていたのか、また戸が解放されていたせいか、暑くて汗をかきながらの鑑賞で、皆さん冷たいものを飲みながら熱心に聴いていました。
途中、皆で手拍子を叩いたり、大変賑やかな楽しいコンサートでした。

私は家に帰ってザ・ピーナッツの、前述の有名なヒット曲をユーチューブで検索して聴いてみました。
懐かしい!!

この「ザ・カシューナッツ」はこのようなコンサートをよく開催しておられるようです。
また、ユーチューブでも数年前に以下の動画などがアップされております。
ザ・カシューナッツ クリスマスコンサート

笑顔でエコ、どんどこドン!ザ・カシューナッツ

興味のある方はザ・カシューナッツのコンサートも一度ご覧ください。