生垣(貝塚伊吹)を自分で抜根してみた

こんにちは、私は3年ほど前に職場をリタイヤした爺さんで、たか爺と申します。

今日は生垣(貝塚伊吹と金木犀)の抜根方法について、私がやった方法をご紹介したいと思います。

 

つい最近、自宅の庭の一角ににカーポートを建てようとしたところ、敷地境界に植えてあった生垣が邪魔になったので撤去することになりました。

その生垣は30年ほど前に植えた貝塚伊吹で、直径が約7cm、幹回りが25cm~28cmのものが15本くらいあり、業者に撤去作業の見積もりを依頼したら、これだけで7万5千円と言われた。
更には、その横に金木犀の生垣(11本)もあってこれも撤去する必要があり、かなりの高額になることが分かった。

私は3年前から年金暮らしでその受給額も少ないので、何とか自分で「抜根」できないか検討しました。

実は今年の5月に、チェーンブロックと三又を使って桜の木を吊り上げて移植した経験があり、その時と同様にチェーンブロックを使って抜根することにしました。

木が欲しい時には植え、要らなくなったら抜いてしまうなど実に身勝手なことで、バチが当たりそうです。
したがって、抜根作業の前にはお酒と塩でお祓いをしました。

では、その抜根の仕方を具体的にご紹介します。

使った道具は

吊り上げに使った道具は、垂木3本とロープ、軽量のチェーンブロック(250㎏まで)などです。

 

あとは、枝や幹の切断に使った剪定ばさみ、ノコギリおよび電気ノコギリと、土を掘る「ねじり鎌」、移植ごてなどです。

  

抜根作業の概略

先に紹介した道具を使って抜根します。

以下の写真のように、垂木で三又を組んでこれにチェーンブロックを掛けて根っこを引き上げます。



無茶苦茶強く引き上げれば根っこを抜いてしまうことができるかもしれませんが、今回使った道具はそんなに強力なものではないのでチェーンブロックで引き上げてテンションをかけながら根っこ周りを掘り、再度チェーンブロックを巻き上げ、これの繰り返しで根っこを抜いてしまうという方法です。

今回のサイズの木の場合、抜根作業自体は1本あたり15~20分くらい要したと思います。

三又の組み方

まずは垂木3本をロープで結んで三又を組みます。
組み方は私の過去の記事(https://takajii-cultivation.net/transplant-cherry-trees-using-rafters-and-chain-blocks/)で紹介していますのでご参考に。

この三又にチェーンブロックを掛けて、これで根っこを吊り上げます。

実際の抜根作業(貝塚伊吹の場合)

抜根する前の生垣(貝塚伊吹)の写真です。(日光の当たり具合で虹のようなものが映り込んでいます)
抜根したのは15本でした。

まずは、抜根作業に邪魔な枝を切り落とし裸にします。(とりあえず3本ほど)

そして、地上部の30~40cmほどを残して幹の上部を剪定ばさみやノコギリなどで切断します。

そして、三又とチェーンブロックをその上に組みます。
この時、三又の足が滑って広がらないようにしっかり固定します。(ここは重要です)

(もし固定するものが無かったら、3つの足の最下部をロープなどで結んでもよいと思います)

チェーンブロックのチェーンを幹に2回ほど回して、先端の吊り金具をチェーンに引掛けます。
(本当はスリングベルトなどを幹に撒いてそれに吊り金具を掛けるのですが、私は持っていないので少しズボラしました)

チェーンブロックを上がるところまで巻き上げ、しっかりテンションをかけながら、ねじり鎌などで根元の土を除去します。

土などをある程度除去出来たら、更にチェーンブロックを巻き上げ、根っこを引き上げます。
この木は30年ほど前に植えていたので、根がかなり横方向に伸びており、引き上げることが出来ないような長い太い根っこは出来るだけその先の方で切断しました。

以下の写真は抜根した根っこです。

金木犀も同様に抜根

金木犀の場合も、同様に行いました。抜根前はこんな感じで、全部で11本ありました。
次の写真は既に3本ほど抜根済みです。

まずは、幹の下部40cmほどを残して切断します。

三又とチェーンブロックを組み、テンションをかけて吊り上げながら根元を掘り上げます。

更にチェーンブロックを巻き上げて根っこを抜根しました。

作業を終えて感じたこと

この作業を行なったのは7月中頃で、大変暑い時期でした。
早朝と夕方の比較的涼しい時間帯(29℃以下)を選んで毎日3時間ほど作業しました。
家内と2人がかりで、1日に4本くらいの抜根を目標にし、早朝は根っこの吊り上げ作業をし、夕方にはその根っこや枝や幹を細かく裁断するという段取りで行いました。

前部で26本の抜根と剪定くずの処分に、休養日(雨の日)も入れて1週間余りの日数がかかりました。
作業したのが非常に暑い時期だったので汗がボトボト流れ、口はショッパイし、汗が目に入って目が痛いことも時々ありました。
また、疲れすぎたせいか一時は食欲も減退し、お陰で体重が少し減りました。
あまり暑い時期は避けた方がよかったのかなと、反省しています。

剪定くずの処分について、
私の住んでいる町の場合、剪定くずは「美化センター」に持って行ったら無料で処分してくれるので、袋などに裁断した剪定くずを詰めて持って行きました。
私の車はプリウスですが、1回に抜根した木を6本分くらいは積めたので数回に分けて持って行って処分してもらいました。

今回の作業に使った道具数点の広告を貼っておきますので良かったらご参考に。

最後までお読みいただき有難うございました。