壊れたノートPCからデータを取り出す方法、内臓HDDを復活

2021年9月5日

こんにちは、たか爺です。

つい最近、6年余り前に購入したNEC製のノートパソコンの電源が急に入らなくなった。
家電量販店を通じてメーカー(NEC)へ修理に出したところ、マザーボードの不具合であり6年以上も経過しているので保有部品の在庫がないために「修理出来ない」という回答が返ってきました。

以下の写真は、今回電源が入らなくなったNEC製ノートパソコン(PC-LS700TSW)です。

いつもは毎月、月初めにデータ類を外付けのHDDにバックアップを取っていたのですが、最後のバックアップ後の約3週間分の入力したデータなどが欲しくて、何とかデータを取り出せないか検討した結果、無事に取り出すことが出来ました。

今日は、壊れたノートパソコンからデータ類を取り出した方法をご紹介したいと思います。

データを取り出す方法とは

パソコンのデータはすべてハードドライブ(HDDやSSD、SSHDなど)に保存されています。

パソコンの入力作業中は一時的にメモリー上にデータがあるものの、このデータは電源を切ると消去され、保存されたデータはハードドライブにだけ残ります。
もしこのハードドライブが壊れていなければ保存されていたデータを取り出すことが可能です。
パソコンの壊れた原因・部位にもよりますが、今回は「電源が入らないという症状」からマザーボードの故障らしいということなのでハードドライブは無事だと考えました。

logitec様のスマホサイトに「HDD・SSDをUSB接続する方法を覚えよう」という記事を見つけ、そこには次のように記載されていました。

PCの調子が悪くなってデータを抜き出す必要がある場合や、以前使っていたPCから新しいPCにデータを移行する際は、PCからHDDやSSDを取り出して、外付けのストレージとして、USB接続すると簡単に作業が可能です。この場合も、取り出したHDDやSSDをケースに設置後、USB接続で認識させることで、通常の外付けHDDと同様に使用できます。

したがって今回の壊れたノートパソコンからハードドライブを取り外し、市販の「HDD/SSD用2.5インチ外付けケース」などを利用することで取り外したハードドライブに保存されていたデータ類を復活することができるはずだと考えました。

今回のNEC製ノートパソコンのハードドライブには1TBのSSHD(※)が搭載されていました。
※SSHDとは、ハイブリッドHHDともいい、HDDにフラッシュメモリーを搭載したもの。

ハードドライブ(SSHD)の取り外し

早速、SSHDを取り外す作業をすることにした。
以下の写真は、今回壊れたNEC製ノートパソコンの底部です。

この赤枠で囲んだ部分にハードドライブであるSSHD(HDD同等)が入っている。
2本のネジをプラスドライバーで外して蓋を開けると中に青いSSHDが見え、

コネクターを引き抜くようにSSHDを左方向に引くとコネクターが外れてSSHDを取り出すことが出来た。

このノートパソコンの場合は、ハードドライブ用の取り出し蓋がありましたが、無いものの場合は底蓋全体を外す必要があるかもしれません。

市販のHDD/SSD用ケースを購入

以下の写真は、市販の「HDD/SSD用2.5インチ外付けケース」で、1,000円前後で販売されています。
壊れたノートパソコンから外したSSHDをUSB接続して読み込むためにこのケースを購入しました。
USB接続できるケーブルも付属していました。今回はパソコン工房でこれを購入しました。

一時的に接続するだけなら「ケース」でなく「変換アダプター」でもいいかとは思いますが、外付けハードドライブとして今後も使い続けるのであればケースの方が良いかと思います。この記事の最下部に広告を載せておきますのでご参考までに。

ふたを開けると、中にシリアルATA用のコネクターが見えます。
このシリアルATAコネクターに、先に外したノートパソコンのSSHDのコネクターを差し込んで挿入します。

これを別のパソコンに付属のUSB ケーブルでつなぎます。

すると、パソコンがこのデバイスを認識してくれて、中のデータも無事であることが確認出来た。

以下のスクショは、パソコンがこのデバイスを認識した時の画面です。
(この壊れたノートパソコンを購入した時はWindows8だったのでした)

このドライブを開いて必要なデータをパソコンに移しました。

このSSHDは、今後は1TBの外付けハードディスクとして利用したいと思います。バックアップ用などとして。

尚、今回のノートパソコンのハードドライブはSSHDでしたが、HDDやSSDでも同じように出来る筈です。

最後に

今回壊れたのは6年余り前に購入した、corei7(第6世代)と高速起動のSSHDを搭載している15万円あまりのノートパソコンでした。
SSHDはSSD搭載のパソコンに比べれば起動は少し遅いですが、処理速度は十分だったのでまだまだ使える筈なのに、たった6年で部品が供給出来ないために動かないのは困ったものです。

壊れた部品が1つでも供給できないとなると、パソコンはただの箱(=ゴミ)になってしまいます。
安価なものならともかく、15万円もしたのでせめて10年くらいは使いたいですよね。
念のために、今後はもっとこまめにバックアップするべきか、自動バックアップをするべきかと考えています。

最後までお読みいただき有難うございました。