Corei7搭載、SSDパソコンは起動が超早いぞ!!

2020年4月16日

ブラインドタッチは出来ないけれど、パソコンのスペックにはうるさいたか爺です。

皆さんはパソコンを立ち上げる時、電源スイッチを入れてから立ち上がるまでの時間が長いと感じませんか?

私がブログを投稿したりするのに使っていた古いデスクトップパソコン(7年前に購入)はCPUはデュアルCore、メモリーは2㎇、OSはWindows10 HOMEでしたが、このWindowsの起動時間が2分ほどかかっていて、たった2分ほどですが待っていていつもイライラしていました。

当然ですが、アプリを立ち上げるのにも少し時間がかかりました。

また、アプリを3つほど同時に使っていると、メモリー不足からか時々フリーズしたりするのでメモリーを4㎇に増設したりしました。
しかしWindowsのOSが32ビット版なのでメモリーは4GBが限界だと聞き、諦めてこの度新しいパソコンに買い替えました。

最速のパソコンを安く買いました

買い替えは立ち上げ時間の出来るだけ短い、持ち運びも可能な最新のノートパソコンにしました。

スペックを簡単に言うと、CPUは最速と言われているインテルCorei7、ストレージはハードディスクではなく、読み書きが最速のSSD(240GB)、メモリーは8GB(空きスロット1)、液晶は映りが綺麗なフルHDで大きさはノートパソコン最大の17.3インチ仕様です。

 

今回購入したiiyama製17.3inchノートパソコン

問題の価格ですが、このスペックにオフィースプレミアムをプリインストールし、3年延長保証を付けて購入価格は税込みで何と140,159円でした。(安っ!!)

NECや東芝、富士通やその他の一流メーカーものなら二十数万円はすると思われますが、私は割安のパソコン専門店(パソコン工房)で購入しました。
メーカーはiiyama製です。

iiyama製と言っても、CPUやメモリー、SSDなどはそれぞれ一流メーカーのものを集め、組み立てたのがiiyama社ということなので製品の性能は全く一流メーカーのノートパソコンと比べても遜色ない筈です。

Amazonでも15.6インチではあるが、corei7搭載のノートパソコンが売っています。

スポンサーリンク

起動時間の比較

実際に使ってみて非常に起動時間が短いことに驚きました。
立ち上げ時間を測定して以下の表にまとめました。

比較は、今も仕事で使っているHPのデスクトップ(Corei5+HDD500GB )と今回購入した最新スペックのノートパソコンで、OSやアプリなどの起動時間です。
尚、ここで比較の対象にした仕事用のデスクトップは、買い替え前のデスクトップよりも少し早いと感じていたものです。

  Corei5+ハードディスク500GB
(仕事用のデスクトップパソコン)
Corei7+SSD 240GB
(17.3インチノートパソコン) 
  初回起動(秒) 2回目起動(秒) 初回起動(秒) 2回目起動(秒)
WIN10(パス要求まで) 67 16
WIN10(パス入力後) 15 5
Edge 10 2 2 1
インターネットイクスプローラ11 19 4 3 2
chrome 10 1 2 1
word 10 3 5 3
excel 5 2 4 2

(どちらもメモリーは8GBを実装)
以上の表を見ると、Corei7+SSD240GBが如何に起動が早いかがわかるでしょう。
windowsの立ち上げ時間を見ると、SSDでは合計で21秒と、i5+HDDの約4分の1くらいであり、かなり時間短縮しています。
またEdgeなどの立ち上げもかなり速くなっています。

因みに、我が家の嫁はんがNEC製のノートパソコンCorei7+ハイブリッド HDDを2年ほど前に購入して持っておりますが、そのハイブリッドHDDはSSDとほぼ同じくらい読み込みが早いという測定結果も確認できました。

起動時間は早いけど見栄えが・・・

今回購入したノートパソコン(Corei7+SSD240GB)は何をさせても処理速度がたいへん早く、全くストレスを感じません。
この結果には大変満足しています。
しかし、NECなど一流メーカー製のノートパソコンと並べて比較した時に、「見栄え」がいまいち安っぽい感じがします。
ノートパソコンの躯体(ケース)が一般的なビジネス用(割安な)のものと似ていて、あまり綺麗ではなく高級感がありません。

左がiiyama製17.3インチ、右がNEC製15.6インチ

高スペックの割に価格が安いので仕方がないのかもしれませんね。

2020.4.16追記:今日覗いたら同じスペックで何と8万円くらいの価格で販売していましたよ!
そして、私がこのパソコンを購入して3年ほど経ちましたがまだまだ早い動作は健在です。
そして今となってはもう少し容量の大きなSSDにすればよかったかなあ、と思っています。(多量の画像データを保存しているので)

パソコン工房のサイトはこちら🔗に載せておきますので興味のある方はご覧ください。

Corei7+SSD の組み合わせが如何に速いかという話でした。

最後までお読みいただき有難うございました。