スポンサーリンク




カラーコンクリートタイル(平板)を作っています

更新日:

駐車場横にカラーコンクリートタイル

車が乗る場所にカラーコンクリートタイルを敷き詰める計画を進めています。
自宅玄関前のアプローチで、ほとんどは人の歩くところですが駐車場のすぐ横なので時々車も乗り上げることがある場所です。

完成予想図(平面図)

養生中のカラーコンクリートタイル(試しに並べてみました)

以前にもカラーコンクリートタイル(平板)を作ったことがありますが、それは人の歩く通路に敷くための物でした。

その記事はこちら➡カラーコンクリート平板の製作(詳細版)

以前製作した平板のサイズは200mm角で厚さが25mmでしたが、今回は車が乗っても大丈夫なように厚みを30mmにしました。(本当に大丈夫かな?)
正確な寸法は「大」が196mm角で厚さ30mm、「半片」は196mm×98mmです。

型枠の製作

コンクリートタイルを作るにはセメントを練って型枠に流し込む作業が必要になります。
したがってまずは型枠の製作ですが、写真のような簡単な図を描いて、型枠用の塗装合板(1,820×910×20mm)をカットして木ネジと釘で組み付けました。
上記の塗装合板をのこぎりを使って自分でカットするのは大変なので、大部分は寸法を伝えてホームセンターで1カット30円でカットしてもらいました)

型枠(200mm角×3個分)の図面

型枠製作中(大部分のカットはホームセンターでやってもらったので殆ど打ち付けるくらい)

タイルは全部で80枚ほど必要なので、型枠は何度も繰り返して使える構造にしました。(1回の流し込みで「大」12枚の製作で、約8回繰り返して使う)

セメントを流し込む時にはゴム板などを使って周りの枠板を押さえ、24時間後に硬化したら枠板を外して製品を抜き出し、また枠板を組んで流し込むという作業の繰り返しです。
「大」を必要枚数作ったら、この型枠使って「小」のサイズに作り替えます。
同じ要領で必要枚数を作ります。

完成した型枠、200角(大)と200×100(小)

 

カラーセメントの流し込み

ここからは色付きのセメントを練って、製作した型枠に流し込みます。
まずカラーパウダー(セメント着色剤)とホワイトセメントをよく混ぜ、それに珪砂を空練りしその後水を入れて練ります。

 

カラーパウダー(赤の色粉)

色粉とホワイトセメントを計量して準備

トロフネ内でよく混ぜて均一にします

さらに珪砂を入れて空練りする

最後に水を入れてよく練り上げます

混合比率は前回と同じで、ホワイトセメント180gに色粉1g(0.55%)、それに珪砂520gで200mm角1枚分です。
1枚分と言っても厚み30mmのうち、平板表面の3分の1くらいの厚さ分で、残りは色粉を入れずにその上から、普通のポルトランドセメントと砂と小砂利を練ったものを流し込み、これで強度を持たせました。

型枠に流し込む

カラーコンクリートの上に普通のセメントを流し込みます

このまま24時間養生します

24時間経ったら型枠の押さえ板を外してコンクリートタイルを外します。

型枠バラシ作業

出来たての平板タイル(大)

出来たての平板(小)、一部割れました!

3個分の型枠を4枚作ったので1回に12枚作れましたが、これを繰り返して、200mm角を72枚と半分の大きさの半片15枚を作りました
型枠をバラす時に少し衝撃を加えたので一部のタイルが割れましたが余分に作ったので何とかなるでしょう。
平日は仕事に行っている為、毎週週末の2日間しか作業出来ないので、タイルを作るだけで約1か月かかりました。

養生中(1か月以上放置します)全部で約90枚

試しに並べてみました

1か月以養生して十分に強度を持たせてから玄関前に敷きたいと思います。
完成した時の出来映えを確認したいので、養生中のタイルを試しに並べてみました。

試しに一部を並べてみました

実際に玄関前に敷いた時にはまた記事にしたいと思います。

スポンサーリンク




-DIY
-, , , , ,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.