スポンサーリンク




電動生垣バリカン(ヘッジトリマー)で貝塚伊吹を剪定しました

更新日:

最近、通販大手のAmazonで生垣バリカンを買って自分で貝塚伊吹の生垣を剪定したのでそのレポートを綴ります。

初めての電動バリカンでの剪定作業

%e5%89%aa%e5%ae%9a%e5%89%8d

剪定前の貝塚伊吹

今日、初めて電動バリカンを使って生垣を剪定しました。
一応説明書を読みましたが、使い方は至って簡単であり、スイッチのボタンを押すと2枚の刃が往復運動してボタンを離すと止まるというだけのものです。
ボタンを握ったままにする時のためにロックボタンもついていますが、今日の作業では使うことはありませんでした。
スイッチを入れて、生垣に対して刃を少し斜めにして刈り込んで行くと、シャカシャカと音を立てながら、面白いように切れていきます。
貝塚伊吹の場合、芽は上に伸びようとするので、上をカットするのは簡単ですが、横(外側)をカットするのはちょっとやり難く、一通りカットした後で上に向かって伸びている芽を狙って中心の方向に再度カットする必要があります。
剪定ばさみに持ち替えてやった方がいいのかもしれませんが、面倒くさいので電動バリカンの先の方を使って、適当ですがカットしました。
 

%e5%89%aa%e5%ae%9a%e5%be%8c%e3%80%802

剪定後(初めてなので下手ですが)

 

 

生垣バリカン(機種)の選定理由

私が買った生垣バリカンは一流メーカー製(マキタ)で、1ケ月程前にAmazonで購入したものです。
主に貝塚伊吹の生垣を剪定する目的で、その為に刃の長さは350mmで、家から電源が取れるのでAC100ボルト仕様のものを選びました。
貝塚伊吹と言っても、あまり大きく育てていないので両側(表と裏)から選定するなら350mmぐらいで十分足りると考えこれにしました。

%e7%94%9f%e5%9e%a3%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%b3

電動の生垣バリカン

あまり刃が長いと使いにくそうだし重いだろうということで350mmを、またバッテリー式だとこれもその分重くなることを考えてAC100ボルト仕様にしました。
また、安く購入するために通販を利用しましたが、故障などした時のことを考えて、自宅の近くに営業所があるメーカーのものを購入しました。
故障など不具合が発生した時にはすぐに営業所に持ち込んで修理してもらうためです。
またこの機種を選んだ理由の1つに、Amazonのホームページに載っている購入者の評価(レビュー)が比較的良かったことも有ります。
スペックや評判などでの品選びはAmazonでしましたが、実物がどんなものなのか分からないので近くのホームセンターで確認しました。
そして注文はいつも通りにAmazonでした。

主な仕様:刈り込み幅350mm、最大切断径15mm、重さ1.7kg、電源AC100V、消費電力320W。
通販での購入価格は11,000円余り(税、送料込み)でした。

 

さすが電動バリカンだと仕事が早い

今までは剪定ばさみを使ってチョキチョキとやっていましたが、安物の剪定ばさみ(1000円くらい)を使っていたので切れ難いということもありますが、高さ1.7mで長さ約15mの生垣を剪定するのに素人の夫婦2人がかりで、ほぼ2日くらいかかっていました。
今回はこの生垣バリカンを使って丸1日くらいで終わることが出来ました。
初めて電動のバリカンを使った私は全くの素人ですから仕事は遅いしあまり出来栄えも良くないと思いますが、プロならもっと早く、上手にやれると思います。
 

最後に注意事項など

早くできたのは大きな収穫でしたが、1.7kgの生垣バリカンを1日中持って刈り込むとメチャメチャ疲れました。
特に肩が凝り、翌朝起きたら体中が痛かった。
元々私は体力があまり無い方ですし、歳も60を過ぎているが、ある程度体力があれば全然問題ないと思います。
また、これを使って剪定するときは、切った芽などが飛び散るので保護眼鏡を必ずすべきですし、帽子や長袖の服を着た方が良いと思います。
それともっとも注意すべきことは、刃の部分を触るときは必ず電源コンセントを抜くことです。
スイッチのボタンは軽いタッチなので万一スイッチが入ると危険です。
もう少し体を鍛えて、他の樹木の剪定にも使いたいと思います。

スポンサーリンク




-Amazonの商品紹介, DIY
-,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.