電動バリカンで1年ぶりに生垣の剪定

2018年10月8日

昨年Amazonで購入した電動バリカンを使って、1年ぶりに貝塚伊吹の剪定をしました。
生垣電動バリカンは今回で購入後2回目の使用でしたが、やはり素人仕事で、なかなか上手には出来ませんでした。

剪定前の貝塚伊吹(before)
剪定が終わった貝塚伊吹(after)

別の場所を見ると

剪定前②(before)
剪定後②(after)

 

貝塚伊吹の剪定方法

我が家の生垣(貝塚伊吹)は毎年1回、秋に剪定することにしています。
一昨年までは剪定バサミを使って手で刈っていましたが、大変時間がかかる(2人がかりでほぼ2日)ので昨年生垣用の電動バリカンを購入し、初めて使いました。

電動バリカンの使い方そのものは簡単でしたが、貝塚伊吹の剪定のやり方はそんなに簡単でもありませんでした。
ネットの動画ではそんなに詳しいやり方を載せてくれてませんし、文字で書いた記事を読んでも分かりにくく、結局自己流でやっています。
この辺はまだまだ勉強不足で今後の課題です。

剪定くずの回収方法

剪定くずの回収をしやすくする為に、下にブルーシートを敷いてやっています。
これは昔、シルバーさんに剪定を依頼した時にシルバーさんがやっていたので真似をしています。

剪定くずの集め方

いちいち拾い集めなくても、ブルーシートを捲るとあっという間に剪定くずを集められ、短時間で集めてゴミ袋に詰めることが出来、大変便利です。
(100リッターくらいのゴミ袋に詰めて焼却場に持っていっています)

側溝がある場合の剪定

我が家の場合、生垣のすぐ前に溝幅30cmくらいの側溝があり、そんな場合は写真のように木の切れ端で橋渡しをします。

①側溝に木で橋渡しをする

そしてその上にブルーシートを敷きます。

②その上にブルーシート敷く

そして剪定していきます。

③その上で剪定する

昔は溝に落ちた剪定くずを腰を曲げて拾い集めていたが、こうすると剪定くずの回収が非常に短時間で楽にできます。

電動バリカンの手入れ

剪定が終わったらバリカンの刃などには汚れがこびり付きます。

汚れの付いた電動バリカンの刃

スクレーパーなどで刃の汚れを掻きとってミシン油などをさして片付けます。

スポンサーリンク

手入れの終わった電動バリカン