居眠り運転警告装置、ドイツでは23%の装着率

投稿日:2017年7月27日 更新日:

皆さんは車を運転していて眠くなったことがありませんか?

居眠り運転は重大事故に!!

車の正面衝突や追突事故などで死亡したという重大事故のニュースを見ることが時々ありますが、警察の事故調査の結果についてはほとんど報道されないので原因はわかりません。
運転中の急病などで事故が発生した場合もあるとは思いますが、居眠り運転が事故原因の大半ではないかと私は思っています。

私の前職は会社のバンで北陸3県を走り回って機械などの修理をする仕事でした。
高速道路を走ることが多く、高速道路での走行は実に単調であり、眠くなってウトウトしたこともありました。
眠気を感じて睡魔と闘いながら次のサービスエリアまで走行している時は大変辛いものでした。
今思えば、よく事故にならなかったものだと思います。

居眠り運転警告装置を見つけました

先日、カーショップで新しいタイヤを買った時、ピット作業の待ち時間中に店内でいいものを見つけました。
写真の「居眠り運転警告装置」です。

横幅10cmくらいで奥行き5cmほどのものです。
これをハンドルの前に、レンズを自分の顔に向けて取り付けておきます。
イメージセンサーが目の動きを捉えて、居眠りをしたりわき見をするとLEDの点滅と警告音でドライバーに注意喚起してくれるというものです。

店頭に設置してあったデモ機で実際に体験してみました。

【居眠り警報】の体験
顔が正面を向いていて0.4秒~1秒目を閉じていると赤色のLED表示と「ピー」という警告音が鳴りました。
それでも目を閉じていると「ピロピロ」という警告音が鳴り出しました。
しかし、瞬きぐらいでは警告音は鳴りませんでした。

【わき見の警報】の体験
顔を左右どちらかの方向に向けて3秒以上経過すると「ポーン」という警告音が鳴りました。

私は遠近両用の眼鏡をかけていますが問題なく作動したし、サングラスでも問題ないそうです。

この商品は取り付けが簡単で、電源はシガープラグに接続し、本体をダッシュボードに両面テープで貼りつけるらしいです。

この店での価格は2万円弱でしたが、Amazonで検索すると何社かのメーカーで製造販売されていました。

この店で見つけた「居眠り運転警告装置」は、店頭で体験した限りではよく出来ていると感心していますが、もっと良いものも開発されているようです。
もっと早い段階で検知して警告してくれ、精度の良いものが出てきたら購入を検討したいと思います。

次に購入する車には是非装備したいとも考えています。

最後に、参考までに

日産自動車のホームページで次の記事を見つけました。

”居眠り運転を防止するために、さまざまな技術が開発されています。
カメラがドライバーのまぶたの動きや頭の位置を監視して、居眠りを感知すると警告音を発するものや、電極を埋め込んだハンドルがドライバーの心拍データを測定して、眠い時に現れる周波数を検知すると知らせてくれるものなどなど・・・。
実用化はもうすこし先になりそうですが、安全技術の進歩は頼もしいかぎりですね。”

また日刊カーセンサーにこんな記事がありました。

”新車の約4分の1に居眠り運転検知システムが標準装備
運転中の一瞬の居眠り、注意力の散漫や疲労は非常に危険で、多くの交通事故を引き起こす原因にもなっています。しかし、疲労し、集中力が低下すると、ステアリング操作の精度が低下し、微修正する頻度が増加するため、そうした兆候を早い段階で検知することができます。ボッシュの居眠り運転検知システムは、ドライバーのステアリングホイール操作を操舵角センサーや電動パワーステアリングで常時分析し、疲労時に観察される典型的パターンが現れていないかチェック するシステムです。急にわずかなステアリング操作があれば、システムはそれも検知し、他のデータ(それまでの運転時間や時間帯など)も考慮して、警戒が必要となる疲労の兆候を特定します。その後、音や表示で警告を発し、ドライバーに居眠りをする前に休憩を取るよう促します。ドイツの場合、居眠り運転検知システムの2013年の新車装備率は約23%でした。”

ご安全に!!

-その他諸々の話, 車の話
-, , ,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.