スポンサーリンク




iphoneをテザリング(インターネット共有)してタブレットで動画視聴

更新日:

こんにちは、たか爺です。

今日はiPhoneのテザリング(インターネット共有)についての話です。

WIFIi環境の無い所では、iphoneなどのスマホをモバイルルーターとして設定し、画面の大きいパソコンやタブレットをインターネットに繋いで動画視聴やネット閲覧をすることが出来ます。
その方法について、設定の仕方を具体的に説明し、使い勝手などについて書きます。

テザリングとは

テザリングとは、スマホなどのモバイル機器を経由して、無線LANなどのネットワーク機能を搭載したパソコンやタブレット端末をインターネットに接続させる機能のことです。

私はソフトバンクと契約して、iPhoneで電話やメール、インターネット利用などをしております。
インターネットは主に、ニュースや天気予報、google map、googleナビ、スケジュール帳、動画視聴などに利用しています。
と言っても普段は月に1GB程度の少ないデータ量しか契約していないので動画などを見ることは難しいです。

しかし、今月(契約初月)だけはウルトラギガモンスター+という契約なので50GBまで使えるし、おまけにユーチューブやGYAOなどの動画をいくら見てもデータ量をカウントしない(=使い放題)なのです。
(料金を抑えるために、来月からは使った分だけお支払いする料金プランに変更しており、たくさん使えば高額になる)

と言うわけで今月はデータ量が使い放題だから動画などをたくさん見ようと思ったが、iPhoneの画面では小さくて迫力が無くて面白くない。

早速、WIFI電波の無い外出先で、iPhoneをテザリングしてタブレットの大画面で動画を見たいという機会に遭遇したので、「テザリング」に挑戦してみた。

最近ではソフトバンク、docomoやauに限らず格安SIMでもテザリングが出来るそうです。

iPhoneでテザリングするには

iPhoneのモバイルルーターとしての設定と、アイパッドの設定が必要です。
iPhoneの設定は少し手間がかかりますが、順にやっていくとそれほど難しいものではありません。
また、アイパッドの設定はWIFI電波の選択とパスワードの設定をするだけです。
それほど難しくはありませんでした。

 

iPhoneの設定

まず、iPhoneの「設定」画面から「モバイル通信」をタップします。

 

次に、「インターネット共有を設定」をタップ。


すると以下の画面が表示されるので「Webに移動」をタップ


そして、Mysoftbankにログインする画面に移動するので「ログイン」します。


My softbankに移動したら、右上の「メニュー」をタップします。

 

テザリングオプションを申し込む必要があるので「契約・オプション管理」をタップする。

 


尚、テザリングは契約しているプランによっては無料の場合もあるが、私のプランでは500円/月がかかるようです。
しかし料金は日割り計算なので、月の途中で申し込んだ場合は1日当たり17円の料金が発生し、またいつでもテザリングを解除することが出来、使った日数分だけの料金のようです。
(最後にテザリング解除の仕方も記述します)

次の画面で「テザリングオプション」をタップ。


テザリング申し込み画面にかわるので「次へ」をタップ。

 

申し込み完了の連絡方法などを選んで同意して「申込」をタップ。

 

すると申し込み完了の画面が表示されます。

すぐにSMSが送られてきます。

 


ここで、テザリングの方法には3種類ありますが今回はWifiで接続することにします。
(これらのメリット、デメリットは後述します)
次の画面にWifiのパスワードが表示されており、あとでタブレットの設定で使います。

 

 

そして「インターネット共有」の右にあるボタンを緑色にすると、左上の時刻表示が青色になり、共有設定が出来ていることが分かる。

これでiPhoneの設定は完了です。

タブレットの設定

次に、iPhoneのWIFI電波を受けるタブレットまたはパソコンの設定になりますが、今回はアイパッドを使って説明します。

タブレットの「設定」画面で、「WIFI」電波を選択するわけですが、ここに「iPhoneの名前」が表示されていますのでこれを選びます。

 

すると、パスワードを入力する画面が出て来るので、先ほどiPhoneでWIFIの「パスワード」が表示されていたものをここを入力します。

これで接続設定が完了となり、タブレットの右上に以下のような表示が出て、iPhoneに繋がっていることが分かります。(小さくて分かりにくいですが□が二つ重ねたようなマーク)


参考までに、普通のWIFI電波のときは「扇子」のようなマークです。

 

テザリングの接続方法とそのメリット・デメリット

テザリングには3種類の接続方法があり、無線WIFI、ブルートゥース、有線USB接続です。
無線電波による通信は有線接続の通信よりも不安定であり、無線電波を2回経由して通信を行うWi-Fiテザリングより、1回経由して通信するUSBテザリングの方が高速。

 

また、今回はWIFI接続を行いましたが、WIFIはパスワードの設定が必要であり、パスワードを知らない他人が接続することはできません。
しかし、ブルーツースの場合は簡単に接続することが出来るようです。
またUSB接続という方法もありますが、USBケーブルが必要で面倒というかケーブルが邪魔です。
ただし通信が一番安定していて高速だというメリットがあります。

テザリングオプション契約を解除する手順

テザリングを解除する場合は、テザリングを申し込んだ時と同じようにMy softbankの画面の「メニュー」から、「契約・オプション管理」に入り、

 

この画面でテザリングオプションの「変更」をタップして、

 

テザリングを申し込んだときと同じように、同意して「申込」をタップすれば解除できます。

テザリングの使い勝手について

先ほどのデメリットでは触れませんでしたが、iPhoneのテザリングでは若干の問題がありました。
それは、タブレットで動画を再生していた場合、これをしばらく(五分くらい)止めるとテザリングが切れてしまうことです。
そのたびにiPhoneのインターネット共有の設定などが必要でした。

ネットでいろいろ調べたところ、これはiPhone のテザリング(インターネット共有)の「クセ」をだそうです。

iPhone は、以下の条件で Wi-Fi テザリングを自動オフになるようになっているそうです。
1.テザリング接続数がゼロで、スリープ(画面OFF)して90秒経った場合
2.テザリング接続数がゼロで、「設定」→「インターネット共有」画面以外に移って90秒経った場合

ちなみに、テザリング接続してから切断して、接続数がゼロになった場合も、iPhone がスリープ状態なら Wi-Fi テザリングは自動的にオフになるようです。

強制的に接続したままにする方法もあるようですがあまりお勧めの方法ではないと思います。
参考までにその方が書いた記事のURLを下記に貼っておきます。

iPhoneのWi-Fiテザリングをスリープさせず常に利用可能にする方法

 

スポンサーリンク




-携帯・スマホの話
-, , ,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.