スポンサーリンク




バナナの長期保存方法を検証しました

更新日:

皆さん、おいしいバナナを食べていますか?
今日はバナナの長期保存について、その方法を実験して比較したという話です。

バナナの栄養・効能など

バナナは1本で約86キロカロリーあり、ご飯だとお茶碗半分、食パン半分と同じだそうです。
栄養バランスに優れたバナナは意外と低カロリーなんですね。

バナナにはブドウ糖、果糖、ショ糖などの糖質を含み、すべての糖が体内に吸収されるまでに時間がかかるので血糖値の上昇が穏やかになります。

また、バナナには食物繊維やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれているので美容にも良いと言われています。

このバナナを安売りしている時にたくさん買って、安く食べようという話です。
スーパーで10本以上の大きい房を安売りしていることがありますよね。

例えば下の写真のバナナは16本で300円くらいでした。

これは2人ぐらいの家族なら2〜3日では食べきれません。
そこでどんな方法なら何日くらい保存できるか実験してみました。

バナナの保存方法

いろいろネットで保存方法について調べてみました。

バナナは呼吸しており、気温が高いと呼吸が活発になり、成長ホルモンであるエチレンガスが発生しやすくなり早く熟してしまうそうです。
しかし5~10℃くらいの涼しい場所に保存すると、バナナの呼吸を抑えることが出来るので日持ちするそうです。

また、バナナの柄の部分をラップなどで包むと長持ちするという記事も見つけました。
バナナの柄の部分をラップで包むことでバナナがエチレンガスを放出するのを抑えることが出来るので熟すのを遅らせることが出来るそうです。

保存方法の比較実験

今回の実験は、
①何もせずに室温(約20℃)で保存 
②バナナの柄の部分をラップで包んで室温(約20℃)で保存 
③柄の部分をラップで包んで全体をビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室(10℃くらい)で保存 
の3種類の保存方法を比較しました。

下の写真のように、①左下の4本は何もせず、②右下の4本は柄の部分だけをラップで包み、③上の7本は柄をラップで包んでビニール袋に包み野菜室へ入れ、それぞれ準備しました。

早速実験を開始しました。

まず、2日目では外見的には見た目はほとんど変わらず、


皮を剥いてみたら下の写真ではわかりにくいですが、中身は
①室温放置したもの =やや柔らかい
②柄をラップで包んで室温保存したもの =やや柔らかい
③柄をラップで包んで野菜室で保存したもの =粘り気ありやや硬め
でした。

4日目になると、下の写真のように野菜室保存では変化はないが、室温保存組は外皮に黒いスイートスポットが少し出てきて

中身は見た目にはあまり変わらず、やはり写真ではわかりにいですが食べてみると
①室温放置したもの =かなり柔らかい
②柄をラップで包んで室温保存したもの =かなり柔らかい
③柄をラップで包んで野菜室で保存したもの =やや硬め
でした。

6日目になると、下の写真のように野菜室保存ではあまり変化はないが、室温保存組は外皮に黒いスイートスポットがかなり出てきて

やはり中身は見た目にはあまり変わらず、食べてみると
①室温放置したもの =さらに柔らかい
②柄をラップで包んで室温保存したもの =①と同じくらい柔らかい
③柄をラップで包んで野菜室で保存したもの =やや硬め
でした。

7日目では6日目とあまり変わらず、下の写真のように野菜室保存ではあまり変化はない。
室温保存組は外皮に黒いスイートスポットがかなり出ている状況。

中身は見た目にはあまり変わらないが、食べてみると
①室温放置したもの =さらに柔らかいなり美味しくない
②柄をラップで包んで室温保存したもの =①と同じくらい柔らかい
③柄をラップで包んで野菜室で保存したもの =やや硬め
でした。
既に①と②はあまり美味しくない=6日目くらいが室温での保存の限界か。

9日目は野菜室保存の物だけになりますが、外皮がかなり黒くなりました。

中身はわずかに黒くなりだし、少し柔らかくなり始めた感じです。

断面を見てもほとんど問題ない感じでした。

10日目の外見は9日目とあまり変わりません。

しかし中身も少し黒ずんできて、かなり柔らかくなってきた。
この辺が野菜室での保存の限界かという感じです。

まとめ

室温(約20℃)保存では柄部分のラップ巻きの効果は無いようで、どちらも6日くらいが美味しく食べれる保存の限界でした。

一方、冷蔵庫の野菜室保存の場合は9日目くらいが限界という結果でした。
今回の実験時の野菜室の正確な温度が分かりませんが、あまり低いと低温障害で皮が黒く変色するらしいです。

今回の比較実験では室温での保存より、野菜室の方が1.5倍長持ちしたという結果になりました。
6日と9日の差ですが、夏場のように室温が高い時はもっと差が出たと考えられます。
野菜室はだいたい年中同じ温度を保ちますが、我が家の場合は室温は夏になると28℃くらいに設定しているのでもっと早く熟してしまうでしょう。

いつも買っているバナナは夏場では大抵3日くらいでかなり柔らかくなっていました。

結果として、夏場で3日以上の保存をしたいなら野菜室で保存をした方が良く、9日くらいは持つでしょうという結果になります。

ただし、店に並んでいる時のバナナの熟し具合にもよるのでこの結果は参考までに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-その他諸々の話
-, ,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.