車のバッテリーを半額以下で取り換える方法、作業はJAFに

2023年9月26日

こんにちは、年金生活なので何でも安い方法を検討して実行している、たか爺です。

今日は、私の車のバッテリーを半額以下で取り換えることが出来たので、この方法について投稿しました。

車にはエンジンの始動やナビなどのアクセサリー類の電源として必ずバッテリーが付いています。
ハイブリッド車の場合には駆動用バッテリーと補機バッテリーの2種類が付いており、このうち補機バッテリーがエンジン車のバッテリーに相当します。
このバッテリーや補機バッテリーは、車の使い方にもよりますが、3−5年ごとに定期的に交換する必要があると言われています。

私の車(プリウス・50後期)は新車を購入してから4年程になりますが、普段は近所での買い物に週1,2回乗る程度で昨年末に2ヶ月ほど全く乗らなかったら補機バッテリーが完全に上がってしまいエンジンも始動もできなくなった。
充電すれば暫くは使えるようですが、一度上がったバッテリーは容量が小さくなっているので、いつまた動かなくなるかわからずすぐに新品バッテリーに交換しました。

今回、バッテリーを交換する際にはネットの情報を参考にして、バッテリー代+交換工賃などを通常の半値くらいに安く抑えることが出来ました。
今回の私が実施した「バッテリーを半額以下で交換する方法」をご紹介したいと思い、以下に綴りました。
私のプリウス(50後期)で、30,000円余りかかるところを14,300円で交換出来ました、半額以下です

※当サイトは、広告主によるアフィリエイトプログラムに参加していますが、記事内容には公平さを心がけています。

一般的なバッテリー交換にかかる費用

バッテリー交換にかかる費用について、その車種ややり方によってはかなり差があるものの、一般的には下記の金額くらいかかるそうです。
実は、別居している娘がつい最近、日産のハイブリッド車の補機バッテリーをディーラーで交換をして貰ったそうですが、一式で35,000円ほどかかったと言っていました。(高かっ!! 👀)

    費用
❶バッテリー購入費 5,000円〜35,000円(車種にもよる)
❷交換の工賃 0円〜3,500円
❸バッテリー処分料 0円〜3,000円

バッテリー本体の価格は車種にもよって金額が異なり、交換作業も処分費用も業者によって異なります。
娘がバッテリー交換をした件については、私が事前に聞いていれば安く交換できる方法を教えてあげれたのに、残念でなりません!!

では、
❶どこでバッテリーを購入すれば安いか、
❷どこで交換してもらうのが安いか、
❸どこで廃棄処分するのが安いか、
の3つを考える必要があります。

❶バッテリー本体はネット通販が一番安い!

バッテリー本体の価格は、車種によっても、バッテリーメーカーによっても差がありますが、大事なのは、まず自分の所有している車両に適合するバッテリーを選ぶ必要があります。

適合するバッテリーが分かれば、近所のカーショップやディーラー、ネット通販で価格の比較ができます。
例えば、プリウス(50後期)のバッテリーは「LN-1」というもので、

プリウス50系のバッテリー、LN-1

価格を調べて比較すると、

ヤフーショッピングで14,387円、
近所のカーショップでは30,280円、
ディーラーでは55,000円ほど(工賃込みのネット情報)でした。

やはり、ネット通販がダントツに安いことが分かります。
尚、近所のカーショップの価格は、バッテリーの無料点検をしてもらった際に提示された価格です。

バッテリー無料点検の結果

❷バッテリー交換工賃、JAFは無料でやってくれた!

バッテリー本体の費用以外にも、依頼する業者によっては交換工賃も必要となる場合があります。

業者によって料金も異なりますが、カーショップ、ディーラーなどに依頼する以外に、自分で交換することも可能です。
最近の車の場合は、交換時にバックアップ電源を繋いで作業をする必要があるので面倒ですが、自分で交換すれば無料です。
※必ずバックアップ電源を繋がないとメモリーが消えてしまうので要注意です。

もう一つ無料で交換する方法があり、それはJAFに依頼する方法です。

JAFによるバッテリー交換作業

ただし、無料はJAF会員の方に限り、また古いバッテリーの処分はやってくれません。

カーショップなどでは有料で、1,500~3,500円ほどになりそうです。

ディーラーの場合はバッテリー代込みなので分かりませんが、かなり高額かと思います。

❸バッテリー処分費用、カーショップでは無料?!

バッテリー交換すると、車両についていた古いバッテリーを処分する必要があります。

バッテリーの処分費用は業者によって異なり、無料~3,000円ほどかかるところもあるようです。

私の近所のオートバックスやジェームズでは無料でやってくれると電話で確認したので、今回はオートバックスさんでお願いしました。
お店に古いバッテリーを持って行って処分をお願いしたら、無料で快く引き受けてくれました。

ガソリンスタンドでは無料のところもあるようですが実際に依頼する場合は確認が必要です。

適合バッテリーを見分ける方法

バッテリーにはいろいろ種類があり、価格も5,000円くらいから30,000円以上もするものもあります。
一般的に安価な物は電気容量が小さく、たくさん電気を消費する車に装着したらすぐに上がってしまう可能性があります。
だから自分の車に適合したバッテリーを選ぶ必要があります。
自分のクルマの適合バッテリーの見分け方は下記のサイトなどで調べることが出来ます。

https://www.nanshin.net/contents/?pageid=jpcartekigo

車種名から、メーカーと車名を入力して検索すると一覧表が表示され、車両型式や年式で適合バッテリーが分かります。

まとめ

以上、今回私が実施した方法をまとめると

❶新しいバッテリーはネット通販で購入するのが最も安い。(半額くらい

❷バッテリーの交換作業はJAFが無料でやってくれる。

❸古いバッテリーの廃棄処分は、カーショップなどで無料で引き受けてくれる。

これによって、ディーラーよりもずっと安いカーショップでも30,000円余りかかるものがネット通販などの利用で14,000円ほどで交換できた。

以上、車のバッテリーを半額で交換する方法をご紹介しましたが、少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

プリウス50系のバッテリーの通販価格などは以下でご確認ください、ご参考までに。

Visited 108 times, 3 visit(s) today