楽天モバイルが超お得な新プラン、1年間無料で使い放題!!

2020年8月8日

スポンサーリンク

割安な料金設定により各社の競争がどこまで活発になるか注目されている楽天モバイル、その新プラン「Rakuten UN-LIMIT」が4月8日に本格サービスを開始しました。

ギガ使い放題で24時間話し放題(自前で構築したエリア内で)

そして先着300万人対象で1年間無料で使えて2年目からは月2,980円と超お得なプラン、それが楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT(アンリミット)」であり、ワンプライスです。
(ただし、SIMのみの料金 又は 端末セットプランの場合は基本料金)

「Rakuten UN-LIMIT」とはどのようなものなのか、詳しく見ていきたいと思います。

ただ、本格サービスを始めたばかりであり、通信速度や通話品質などについてはある程度利用者が増えた段階での見極めが必要ではないかと思うので、この辺は今後も情報収集していきたいと思います。

最後に、格安のワイモバイルの料金と比較したり、無料期間だけでも契約するとどれだけお得か、など試算してみました。

 

データ通信

楽天が自前で構築したエリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県などの一部で結構狭いです。(楽天回線エリアは順次拡大中)
自前で基地局網を構築できないエリア(パートナーエリア)ではKDDIの回線を借りて全国をカバーしています。

楽天が自前で構築したエリアではギガ使い放題です。
それ以外のパートナーエリアでは、高速データ通信は月5GBまでですが、ギガを使い切っても1Mbpsの速度で結構普通に使えるそうです。
1Mbpsの速度ならYouTubeの比較的高画質(480p)な動画が見れます。

ギガを追加購入できますが1GB500円もするので、基本的にはパートナーエリアの人はギガを使い切ったら低速1Mbpsでネットを使うことになります。

音声通話

Rakuten Link(アプリ)で電話を掛ける場合、ユーザー同士はもちろん、他のスマホや固定電話にも時間無制限でかけ放題の電話ができます。
Rakuten Linkを利用した場合は無料ですが、通常の電話を利用した場合には20円/30秒かかる。

Rakuten Linkとは、携帯電話番号を使ってWiFi経由で音声通話ができるものです。
WiFi接続以外では契約しているデータ容量を消費します。
データ残量がなくなると、Rakuten Linkからの通話・メッセージの通信速度が200Kbpsに制限されるので通話品質が悪くなる可能性があるかもしれません。

パートナーエリア内の人でもかなりお得に使えるので、無料目当てに1年間使ってみるのも十分ありだと思います。
2年目以降は月2,980円ですが、低速1Mbpsが使い放題で、電話は時間無制限でかけ放題なので、高速データ通信をあまり使わないが比較的電話をよくかける人には十分コスパが良いと思います。

Rakuten Linkについては以下の記事を参考にしました。
Rakuten Linkとは? できることや注意点 

ワイモバイルと比較

こんなにメリットのある楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」ですが、1年間は無料ではあるものの、2年目以降は月額2,980円かかります。
現在、私が契約しているYモバイルでは新規契約後6か月間は月額1,480円、その後は新規割が無くなり月額2,180円になるので、2年目以降は楽天モバイルの方が月額で800円高いということになります。(おうち割ひかりの割引きあり)
(Y!mobileのプランはデータ量3㎇で電話は回数無制限の10分間かけ放題)
ハッキリ言って、私のようなライトユーザーにはワイモバイルよりもっと安くないとメリットがありません。

無料期間だけでも契約すると15,760円の得か?

しかし、仮に1年間無料という言葉に釣られて一時的にYモバイルを解約して楽天モバイルに申し込み、無料期間が終わる1年後にまたYモバイルに戻るとした場合の損得を試算をしてみました。

Yモバイルの契約解除料:0円
MNP転出料:3,000円(Yモバイル→楽天モバイル)
楽天モバイルの契約事務手数料3,000円(全額ポイント還元があり)

そして1年後に楽天モバイルを解約してYモバイルに戻る場合には、

楽天モバイルの契約解除料:0円
MNP転出手数料:3,000円(楽天モバイル→Yモバイル)
Yモバイルの契約事務手数料:3,000円

などがかかるので転出料や事務手数料の合計で9,000円かかるということになる。
楽天モバイルの通話料などは無料と言っているので、1年間の料金合計は9,000円ということになる。

一方、乗り換えずに今のYモバイルのままだと1,480円×2ヶ月(新規から既に4ヶ月過ぎているので)と2,180円×10ヶ月で1年間では24,760円かかる。

楽天モバイルの通話品質などに問題が無かったとして、もし面倒臭くなかったら1年間楽天モバイルに乗り換えた場合はその差24,760-9,000=15,760円得する計算になるはず。
う~ん!! もう一度よ~く考えてみよう。

詳しいことは以下の楽天モバイルのホームページを参照ください。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/#call-01

また、楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT」について詳しく書かれたサイトを下記に紹介しますので興味のある方は一度チェックしてみてください。
楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を徹底解説 

最後に

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」が格安で本格的にサービスを開始したことで、他のキャリア(docomo、au、Softbank)の料金プランなどの動向が期待されていましたが・・・

携帯大手3社と比べて格段に安いデータ使い放題プランを打ち出して勝負に出た楽天ですが、使い放題のサービスエリアは自前の通信網がある場所に限られるため、「第4のキャリア」参入による値下げ競争は当面起こらないとの見立ても多いらしい。

各社が直ちに対抗値下げに動く気配はないようですが「打倒ドコモしか考えていない」とする楽天に期待したいところですね。

また、最初にも書きましたが、通話品質や通信速度などについては多くの人が使っている状況で見極める必要があると思うので、今後はこれらも併せて情報収集していきたいと思っています。

最後までお読みいただき有難うございました。