ソフトバンク回線の格安SIM、提供始まる

2020年4月26日

こんにちは、携帯電話の料金体系などに大変興味を持っているたか爺です。

今日は「ソフトバンク回線の格安SIMが登場した」という話を投稿しました。

「格安SIM」という言葉が徐々に広まってきてはいますがまだまだ一般の方には浸透していません。

格安SIMとは、高い携帯電話料金を安くするために MVNO【仮想移動体通信事業者 】が携帯電話などの回線をキャリア(docomoなど)から借り受けてサービスを提供しているものです。

格安SIMは現在、IIJや日本通信など100社以上もの事業者がありますが、元々はドコモの回線を借りて運用したものだけでした。

しかし数年ほど前に、ケイオプティコムが初めてau回線を借りて格安SIMを提供してから、最近ではau回線も増えてきました。

ただ、つい最近まではソフトバンクの回線を利用した格安SIMはありませんでした。

ソフトバンク回線の格安SIMが提供開始!!

2017年3月下旬から、日本通信とU―NEXTがソフトバンク回線を利用して、iPhone向けの格安SIMの提供を始めました。

初めての「ソフトバンク回線の格安SIM」の登場です。

ソフトバンク系の格安SIMを提供するのは、MVNOの老舗・日本通信です。

日本通信が3月下旬よりソフトバンク回線を借り入れて仮想移動体通信事業者として「b-mobile S 開幕SIM」を提供しています。

また同社は仮想移動体サービス提供者(MVNE)としてU-NEXTにソフトバンク回線を提供し、ほぼ同様のサービス「U-mobile S」も同時にスタートしています。

SIMロック解除なしでiPhoneなどに使える

ともにiPhone用とiPad用が用意されており、対象機種はiPhone 5以降およびiPad全機種で、最大の特長はSIMロック解除に対応していないiPhone 6以前のSoftBankのiPhoneでも使える点です。 
もちろん、SIMフリー版や他社のiPhone 6s以降をSIMロック解除したものでも使えるほか、Androidでも設定すれば使えるようになっています。

利用
料金は月間通信量1GBで月額税別880円からです。
現状ではデータ通信のみのプランのみで、SMSオプションも提供されていませんが、
近い将来には音声電話も提供されるようです。

今後の展開に期待

特にソフトバンクユーザーが待ちに待った格安SIMですが、SMSオプション、音声通話対応や料金の見直し(他の格安SIM並みの料金体系)について今後の展開が期待されるところですね。

(追記)
全国のヤマダ電機でソフトバンク回線の格安SIMを販売するそうです。