スポンサーリンク




格安SIMのかけ放題料金を徹底比較

更新日:

スマホの料金を安く維持するために格安SIMを検討する場合、データー通信料金と音声通話料金の両方を合わせて比較する必要があります。
この記事では音声通話料金について各社の比較をまとめました。

格安SIMのかけ放題の種類

基本的に音声通話料金は20円/30秒ですが、プレフィックス回線と言ってMVNOのサーバーを中継することで半額の10円/30秒になるものもあります。(アプリなどを登録する必要あり)
しかし、よく電話をかける人はオプションの「かけ放題」プランを申し込んだ方が安くなるでしょう。

格安SIMのかけ放題には3分以内や5分以内の時間制限付きが多いですが、中には10分以内のかけ放題、時間制限なしのかけ放題もあり、自分に合ったプランを選ぶ必要があります。
ただし、時間制限のかけ放題の場合、制限時間を超えた分の通話料が20円/30秒のところと10円/30秒のところがあるので注意しましょう。


以下に2016年11月末時点での調査結果をまとめましたので参考にしてください。

・かけ放題フル(時間制限なし)
・10分以内のかけ放題プラン
・5分以内のかけ放題プラン

それぞれの公式サイトのURLも貼り付けておきましたので検討する際には確認してください。

かけ放題フル(時間制限なし)のプランを設定しているMVNO

・ワイモバイル
元々10分以内の通話を月に500回まで無料で+データ通信量が1~7GBを謳ったプランがあり、これに1,000円追加すると時間無制限の通話が出来るというもの。
因みにデータ量が1GBで3,980円、7GBなら6,980円。
新規又はMNPなら最初の1年間は月1,000円の割引あり。(2年縛りあり)
公式サイトはこちら

・もしもシークス
音声基本料金(980円)に0.5GBのデータ通信量が付いていて、これに1~10GBのパケットとかけ放題時間制限なし(1,800円)を選ぶ料金設定になっている。
因みにパケット1GBを選んだ場合、980+600+1800=3,380円となる。(7GBなら5,180円)
公式サイトはこちら

10分以内のかけ放題プランがあるMVNO

・ワイモバイル
かけ放題フルのところで書いたように、10分以内で月に500回(最近までは300回でした)まで無料というものですが、
データ量が1GBで2,980円、7GBなら5,980円。
注意したいのは、10分を過ぎると20円/30秒の通話料がかかることです。
新規又はMNPなら最初の1年間は月1,000円の割引あり。(2年縛りあり)
公式サイトはこちら

・フリーテル
データ通信量(1~20GB)によって変わる月額料金(定額と従量制あり)に、かけ放題10分以内が1,499円となっている。
(11月27日の時点でサイトには1分以内と5分以内しかなく、10分以内はいつから受け付けるのか未定。・・・メールでフリーテルに確認済み)
データ量が1GBなら2,699円で、5GBなら3,719円。10GBなら4,669円。
制限時間を超えた場合の通話料は10円/30秒です。
公式サイトはこちら

5分以内のかけ放題プランがあるMVNO

・楽天モバイル
5分以内のかけ放題が月額850円、制限時間を超えた場合の通話料は10円/30秒。

公式サイトはこちら

・IIJmio
5分以内は月額830円(家族とは30分以内が無料)、3分以内が600円(家族とは10分以内が無料)。制限時間を超えた場合の通話料は10円/30秒。
公式サイトはこちら

・フリーテル
5分以内は月額840円、1分以内が399円。制限時間を超えた場合の通話料は10円/30秒。
公式サイトはこちら

・DTI
5分以内は月額780円。制限時間を超えた場合の通話料は20円/30秒
公式サイトはこちら

・OCN
5分以内は月額850円。制限時間を超えた場合の通話料は10円/30秒。
最低契約期間は6か月です。
公式サイトはこちら

・もしもシークス
5分以内は月額850円。制限時間を超えた場合の通話料は20円/30秒
公式サイトはこちら

以上、2016年11月末時点での格安SIMの「かけ放題」まとめでした。
私の場合は、通信量は月に1GB以下で毎日3分くらいの通話を1回かけるくらいなのでフリーテルの従量制プラン+5分以内のかけ放題がいいかなと考えています。=2,039円(税抜き)

皆さんも自分に合ったプランを選んで電話料金を安くしましょう。

スポンサーリンク




-携帯・スマホの話
-,

Copyright© たか爺の楽しいDIYや家庭菜園、その他諸々など , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.