音声付き格安SIMの料金等の比較(2016年11月最新版、前編)

2017年1月2日

音声通話付き、格安SIMの料金・解約条件等を比較(前編)

格安SIMを運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)はたくさんあります。
総務省はMVNOなどを推進して、携帯電話・スマホ等の通信料金・サービスを競争をさせ、料金の低廉化を進めてもらうことを期待している。
今回、MVNOの中でも名の通った10社を選んで、音声通話付きの料金や解約金などを比較したいと思います。
たくさんの紙面を要するので【前編】・【後編】の2回で料金表などを掲示し、最後(3記事目)に【まとめ】で比較をまとめたいと思います。

 楽天モバイル(ドコモ回線利用)

利用シェアNo.1、実際の通信速度は普通。月額850円で5分以内の電話が無料でかけ放題!  

  音声通話SIM 050データSIM(SMSあり) データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

※通話SIMの最低利用期間は開通月を1カ月目として12カ月目までとなります。12カ月目以内の解約の場合、契約解除手数料9,800円が発生します。

 mineo(ドコモとau回線)

通信速度がそこそこ速い。音声通話SIMをすぐに解約しても解約手数料がかからない。

タイプ 基本データ容量
500MB 1GB オススメ
3GB
5GB 10GB
デュアルタイプ(音声通話SIM) 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円
シングルタイプ
(090音声通話はありません)
700円 800円 900円 1,580円 2,520円

※通話SIMの最低利用期間はありませんので解約の場合、解約金もありませんが、NMP転出手数料に注意(13ケ月以内では11,500円)

 nuroモバイル(ドコモ回線)

旧SO-NET、定額制の格安SIMだけでなく、月間データ通信量が500MB未満なら月額無料で利用できる従量制の格安SIM「0SIM」を提供しているのが大きな特徴です。ただし「0SIM」は通信速度が遅い。

プラン 2GB 3GB 4GB 5GB
データ 700円 900円 1,100円 1,300円
SMS 850円 1,050円 1,250円 1,450円
音声通話 1,400円 1,600円 1,800円 2,000円
6GB 7GB 8GB 9GB 10GB
1,500円 1,700円 1,900円 2,100円 2,300円
1,650円 1,850円 2,050円 2,250円 2,450円
2,200円 2,400円 2,600円 2,800円 3,000円

※ 音声通話プランの場合、最低利用期間は12ケ月で、解約金は残り月数×1,000円です。
※ NMP転出手数料は3,000円です。

 0(ゼロ)SIMとは(上記2~10GBプラントは別扱い)
月間通信量500MB未満は無料。以降100MBごとに100円(税抜)。
2GB以上ご利用になった場合は1,600円定額で5GBまで高速通信をご利用いただけます。※データ専用プランの場合

※ 上記料金に対し、データ+SMSプランは150円、データ+音声プランは700円が加算される。
※ データ専用プラン、データ+SMSプランについては、開通手続き後、3ヶ月連続してデータ通信のご利用がない場合、自動的に解約。
※ 最低利用期間は12ケ月で、解約金は5,200円。NMP転出手数料7,000円。
1GBまでの通信量なら安いが、通信速度は遅そうです。➡こちらの記事を参考に!

 BIGLOBE(ドコモ回線)

通信速度が、時期により変動する可能性が少しだけあるようです。
音声通話SIM利用者向けに番号そのままで通話料が半額になる「BIGLOBEでんわ」を提供

  高速通信容量 データ通信SIM データ通信SIM
+SMS
音声通話SIM
音声通話スタートプラン 1GB 1,400円
エントリープラン 3GB 900円 1,020円 1,600円
ライトSプラン 6GB 1,450円 1,570円 2,150円
12ギガプラン 12GB 2,700円 2,820円 3,400円

※ 音声通話SIMの場合、最低利用期間は12ケ月で、解約金は8,000円。
NMP転出手数料3ケ月以内6,000円、4か月目以降3,000円。

 後編へ    まとめへ